canonプリンターのインクを買う際チェックすべきこと

プリンターのインクカートリッジは製品に最適化が行われた消耗品として店舗などで販売が行われています。例えば、canon製の製品には同じメーカーのカートリッジを使う事で印刷品質が向上する事になるわけです。これは純正品のカートリッジの場合で、他のメーカーが製造販売を行っている非純正品との品質の差が生じるなどの特徴を持ちます。メーカーの保証期間の中での修理は無償で行って貰う事が出来ます。これには条件があり、その条件の一つに純正品の消耗品を使っている時に起きた故障については無償などの条件が設けられています。仮に、非純正のカートリッジを使っている時に故障が生じた場合は、保証期間内であっても有償修理になるので注意が必要ですし、非純正のカートリッジは純正カートリッジとの印刷品質の差がある事を理解しておくのがお勧めです。

通販店で購入する時の注意点について

canon製プリンターに使用するインクカートリッジには純正品と非純正品の2種類があります。純正品はcanonが製造販売を行っているカートリッジで、プリンターの性能をフルに発揮出来るなどのメリットを持っています。通販サイトなどでもカートリッジの購入は可能ですが、通販サイトで購入する時には型番で正確に検索を行った上で購入するようにしましょう。同一メーカーのカートリッジには類似品番が多数あります。品番はそれぞれの製品に使用出来るものが決まっているため、購入する時には取り扱い説明書などを参考にして正しい品番のカートリッジを選ぶ事が大切です。家電量販店などのお店で購入した時、未開封の状態であればレシートを持参すれば交換して貰う事が出来ますが、通販サイトの場合は返送料などのお金が余計に掛かるので注意が必要です。

非純正品と純正品の印刷品質について

canon製プリンターに使うインクは純正品を選ぶ事が最適ですが、最近は非純正品のカートリッジを買う人が多くなっています。非純正品のカートリッジの場合、純正品よりも価格が安いのでランニングコストを抑える効果を持ちます。それ故に、非純正品を使う人が多いわけです。インクの顔料はメーカーが製造するものと、非純正品のカートリッジを製造販売している会社の材料とは異なります。材料が異なるため印刷品質に差が出て来るのが特徴で、写真などを印刷する時の品質の差は大きなものとして現われる事もあります。モノクロ印刷についてはそれほど差がなくても、カラー印刷の時に印刷品質に差が生じる事からも、印刷するものに印刷品質が問われる場合は、純正品のカートリッジを使うのがお勧めです。