canonプリンターの型番をチェック 正しいインクを購入

canon製プリンターのインクはカートリッジに液体の顔料が注入されているものです。カートリッジは1色だけが収められているタイプと2色以上が1つのカートリッジに収められているタイプがあります。一般的には1色だけが収められているカートリッジが主流ではありますが、製品の中には黒カートリッジとRGBカートリッジの2つを使用するタイプもあります。最近は4色タイプが主流になっており、4色タイプのカラー構成は黒、シアン、マゼンダ、イエローになります。尚、型番にはそれぞれの色名が記載してあるのが特徴です。黒は型番の後に「K」、シアンは「C」、マゼンダは「M」、イエローは「Y」の文字が付いているので、必要な色を選んで買う事が出来ます。ちなみに、この4つの色はCMYKカラーと呼ぶもので印刷の基本となるものです。

型番には必ず色名が記載してあるのが特徴です

canon製のプリンターにはそれぞれ専用のインクカートリッジが決められています。カートリッジは専用のものが用意してあるので、お使いの製品に合うものを選ぶ事が大切です。型番については製品ラベルに付いているのを確認する方法、残量がゼロになったカートリッジを本体から抜き取り、型番を確認する方法、そして製品に添付が行われている取り扱い説明書で確認する方法などがあります。ちなみに、カートリッジには4色や6色などの種類がありますが、それぞれのカートリッジの型番は類似しています。違いは型番最後の文字で、最後の文字は色名を示しています。但し、6色などの場合は2文字が色名になっているため注意が必要です。尚、必要な色がシアンの場合は、製品に使えるカートリッジの中でも最後の文字が「C」になっているものを選べば良いのです。

違ったカートリッジは故障の原因にもなります

カートリッジは専用のものを使う事が基本です。カートリッジ形状は似ているものがあり、canon製のプリンターに装着が出来てしまうケースもあるかと思われますが、異なるインクカートリッジを装着した場合、故障の原因に繋がりますし。但し、大半の場合が装着は出来ないので、その時点で間違っている事に気が付く人は多いのではないでしょうか。一度封を開けてしまうと、返品が出来ないケースもありますし、特に通販店で買い求めている場合にはキャンセル料が発生するなど無駄な出費になります。canon製のインクカートリッジを買う時には、取り扱い説明書に記載がある型番のカートリッジを買うのがお勧めです。通販店で買う時には取り扱い説明書を見ながら購入すれば間違えて別のカートリッジを買うのを防止する事が出来ます。