canonプリンターのインク購入の際に注意すべきこと

canon製のプリンターに利用するインクは、純正品と非純正品の2つに分ける事が出来ます。非純正品は別のメーカーが製造販売を行っているカートリッジで、純正品よりも値段が安いなどの特徴を持っています。通販サイトを利用する事で非純正品のカートリッジ購入が可能ですが、非純正品カートリッジはメーカー保証の対象外になるため、使用する場合には注意が必要です。カートリッジには色別、製品別に多数の種類が用意してあります。家電量販店などでカートリッジを買う時には、製品に使う事が出来るカートリッジは、型番を調べておくなどが大切です。特に、色名の違いは買う時にしっかりと確認した上で買わないと、不要な色のカートリッジを買ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

純正品と非純正品の違いはどこにあるのか

非純正品のインクカートリッジはcanon製のプリンターに合うものを選べば使う事は可能です。カートリッジの品番についても純正品と同じ品番になっているので、購入時には品番を間違えないようにしましょう。純正品よりも価格が安いのが非純正品カートリッジの魅力でもあり、通販サイトを通じてまとめ買いする人も多いのではないでしょうか。利用頻度にもよりますが、まとめて購入した場合は長期間保管をしていると内部の液体が劣化するなど、印刷品質に影響を及ぼす事もあるので、必要な分だけをまとめて買うのが良いでしょう。尚、非純正品のカートリッジに使用している材料はメーカー純正品とは異なるので、カラー印字を行う時など製品の性能をフルに発揮する事が出来ないため、印刷品質が劣るなどの特徴がある事を理解しておきましょう。

類似品番が多くあるので品番を確認しておきましょう

非純正品及び純正品のインクカートリッジは同じcanon製のプリンターでも使用出来るものが限られています。プリンターにはそれぞれ専用のカートリッジが用意してあるのが特徴で、それ以外のカートリッジは装着が出来ない、装着をしてもカートリッジを認識しないため、購入時には品番の確認が必須です。ちなみに、同一カートリッジには数種類の製品に対応しているものがありますが、純正カートリッジの外箱には対応モデルが明記してあるので、品番をメモするのを忘れた時などはパッケージに記載してある製品名を確認してから買うのがお勧めです。尚、対応しているカートリッジの品番を確認する時にお勧めなのが、取り扱い説明書を利用する方法です。取り扱い説明書には消耗品について解説しているページがありますが、このページの中に使用可能なインクカートリッジの品番が記載してあります。